こんにちは!7月に入りました!
季節的には夏ですが、最近は涼しい日が続き夜になると肌寒いなんて日もありますね。
私は寒がりで、しかも冷え症なので朝起きて体が冷え切っているなんてことが多々あります。

夏に体が冷える人は多いようです。
電車やオフィスで冷房が効く場所に長時間いる機会が増えたり、
ついつい冷たいものを食べたり飲んだりする事が増えます。
そんな中、自覚症状がなく隠れ冷え症の人も少なくないそうです。

自分が冷えているかどうか知るには体を触って確かめる方法があります。
朝起きたらすぐに、布団の中で脇の下に手をいれた後、お腹を触ります。
お腹の方が脇の下よりも冷たければ冷えている証拠だそうです。
冷えは長く放っておくと疲れや肩こり、胃腸の不調、不眠など私たちの生活に
悪影響を及ぼします。ただ、この冷えは毎日の習慣で少しづつ改善していくことが出来ます。

まずは食事。夏は冷たいものを食べがちですが、日頃から心がけて
温かいものを食べる、飲み物は常温のものを飲むようにして体が冷えないようにしましょう。
また、食事と一緒に汁物を摂るようにするだけで体を内側からじんわり温めることが出来ます。

次にお風呂です。熱い温度の湯船に浸かったり、サウナで大量の汗をかくのは逆効果。
39~40度のぬるめのお湯に15~20分ゆっくり入り、額がうっすらと汗ばんできたら
体の芯まで温まってきた合図です。お風呂上りはなるべく早く髪を乾かし、冷えないように気をつけましょう。

ちょっとした心がけで、冷えを軽減することが出来ます。
少しだけ体を温める事を意識して夏を快適に過ごしましょう。