エアウォッシュとは

遠赤外線放射物質の微粒子を水溶液に加工し、その水溶液をコーティングして製造した壁紙です。(セラピー627
動植物プランクトンの化石などの海洋ミネラル、植物エキスを原料とし、それらを水溶液にしているので安全です。


太陽光線の中で、遠赤外線の4~14ミクロンの育成光線の波長は植物の育成から動物の健康維持に欠かせないものとされています。
中でも、6.27ミクロンの波長は空気中の水分子の波長と共鳴しマイナスイオンを作ります。
水は酸素と水素の結合した水分子(H2O)が数十個の集団を作っています。
これをクラスター(水分子集団)と呼んでいます。
このクラスターに遠赤外線エネルギーを放射すると波長を吸収し、細かい水に戻ります。(活性化
エアウォッシュ壁紙から放出された6.27ミクロンの遠赤外線(育成光線)放射と微弱放電を出し続け、空気中の水分「H2O→H+ +OH-」がイオン化し水分子マイナスイオンを形成します。(原子や分子が電気を帯びることをイオン化という
※イオンの種類には「一般科学的イオン」「プラズマ放電イオン」「水分子イオン」と3つのタイプがありますが、人体に良いとされているイオンは「水分子のマイナスイオン」です。

エアウォッシュの特長

タバコの臭いの主成分を分解・消臭

タバコの臭いに多く含まれる代表的な成分として「アンモニア」「アセトアルデヒド」「酢酸」「ホルムアルデヒド」「硫化水素」などがあげられます。この内「硫化水素」を除く4成分に優れた消臭機能を発揮します。

※タバコには数多くの成分が含まれており、完全にタバコ臭を無くすことはできません。また、喫煙室などは汚れが表面に付着し、消臭機能が損なわれるためお勧めできません。

6つの有害物質と2臭気

建材の接着剤や家具、日用品などから発散する、シックハウス症候群の原因要素である、トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの4VOC(揮発性有機化合物)とホルムアルデヒド・アセトアルデヒド(高揮発性有機化合物)の6物質の他に、アンモニア・酢酸の2臭気を分解消臭します。

天然素材が原料

動植物プランクトンの化石と海洋ミネラル成分を使用しており、セラピー627の水溶液は水と安全な炭酸ナトリウムと原材料だけで、無色・無臭の安全な液体です。
収録商品は全点安全規格品です。ご安心してご利用いただけます。

F☆☆☆☆対策品です。
シックハウス対策品ラベルは流通過程で壁紙をカットして販売する場合に貼られるラベルです。
SV規格とは壁紙工業会加盟各社が消費者の皆様に安心してお使いいただける壁紙を提供することを目的として制定した自主規格です。
「JIS A 6921 壁紙:2003」
規格の中でホルムアルデヒド放散量の基準値を0.2㎎/L 以下と定めています。

エアウォッシュ施工事例


爽やかな空気をあなたに・・・

ビニル壁紙に「セラピー627(遠赤外線放射物質)」水溶液を添加した壁紙です。
水分子マイナスイオン(遠赤外線エネルギーと微弱放電などにより作られるイオン)を生成し、この水のマイナスイオンにより、消臭効果、菌の繁殖抑制VOC(シックハウス)対策としても期待されています。

エアウォッシュ試験データ

有害物質の除去性能評価試験







代表6有害物質(VOC)消臭分解試験結果(試験機関:一般財団法人カケンテストセンター)

【試験方法】

5L(リットル)のバッグに提示試料(20㎝×20㎝)の材料の周囲と裏面アルミテープを貼り、表面の試料面積を18cm×18㎝にしたものを入れ、所定濃度に調整した測定対象ガスを3L(リットル)注入し、所定時間後ガス濃度を検知管により測定する。

※ブランク(空試験):ある条件の効果を調べるために、他の条件は全く同じにして、その条件のみを除いて行う実験。





有機物質分解の流れ